結露が与える影響とは?!対策についてもご紹介!

冬場に起こる現象「結露」。冬だから仕方ない、起こって当然だと思っていませんか?
実は結露には家や住んでいる人に与える悪影響がたくさんあります。結露によって家の寿命が縮み、人への健康被害も発生しますので、できるだけ結露を起こさないようにした方が、家にも家族にとってもいいこと。今回はその発生原因と対策をまとめました。

結露が与える影響とは?!対策についてもご紹介!

■結露が発生する原因
... 結露とは、空気中の水分が多すぎて空気の中に含めることができず、水滴となってしまう現象です。
つまり、空気中の湿度が高すぎることによって起こります。ですが湿度の高い夏場には起きません。その差は空気の温度差にあります。

暖かい空気はたくさんの水分を含むことができますが、空気の温度が下がると含むことができる水分の量が減ってしまいます。冬場に暖房で暖められた部屋の空気はたくさんの水分を含んでいます。外気と接している窓ガラスは外の空気で冷やされているため、窓ガラス付近では空気の温度が下がっていきます。それにより冷やされた空気では水分を保つことができず結露となってしまうのです。

■発生しやすい場所
... 結露が発生しやすいのは窓ガラスだけではありません。窓についた水滴は見えやすいので目立ちますが、実は目には見えにくいのですが、壁も結露します。

結露が発生しやすい部屋は、まず「寝室」。
これは湿気が多いこと、比較的日当たりが悪い配置になっていることが多いからだと考えられます。

次は「リビング」。
冬場は暖房を付けて部屋を暖め、加湿器を付けて湿度が高まります。
前項でお伝えしたように、この状態でのリビングは水分を多く含みやすい空気となります。当然冬場は外気と室内の温度差も高まりますので、結露が発生しやすい部屋となります。他にも、押入れやクローゼットなどの日の当たらないじめじめとした場所は要注意です。

■結露が与える影響
... 結露が発生すると、家の内部が水分によって濡れてしまうことになります。それによって起こるのが「カビ」です。特に壁の結露は白い壁紙に黒いカビが出てくることでわかりやすくなります。

カビの他にも気をつけたいのが「ダニ」。ダニは高温多湿を好み、夏場の方が活動はさかんですが、冬場も部屋の温度が高く、じめじめしていると発生します。

また、結露によって家の骨組みや木材が腐食すると、腐った木が大好物であるシロアリにも狙われる危険性があります。

カビやダニによって住んでいる人がアレルギーを起こしたり、体調が悪くなることもありますし、カビや腐食、シロアリなどによって家の寿命が縮まってしまう恐れもあります。

■結露対策
... 結露の原因のひとつである、外気との温度差をなくすために取り入れたいのが「二重サッシ」や「ペアガラス」。結露が一番起こりやすい窓から、外気の冷気を遮断することで結露を防ぎます。併せて、壁には断熱材を入れることで、外気との温度差を感じなくして、壁の結露を防ぎます。

家の湿度が高くなりすぎないためにも、空気中の水分が高くなれば湿度を吸い取り、空気が乾いてくると湿度を吐き出す性質がある漆喰や珪藻土、無垢材など調湿性のある建材を取り入れるのもおすすめです。こういった素材を取り入れることで、家の内壁や天井などに調湿機能を加えると湿度が調整でき、結露防止が期待できます。

■まとめ
... 結露は、ただ窓側や壁が濡れるだけではなく、家や家族の健康を考える上では欠かせない問題です。しっかり対策をして快適な冬を過ごしましょう。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム