部屋のカビ対策とは?

住まいの大敵である「カビ」。普通の汚れと違って落ちにくく、一度生えてしまうとなかなか根絶できない、やっかいなものです。住まいをカビから守るために、その発生パターンと対策をまとめました。

部屋のカビ対策とは?

■カビが発生しやすい季節
... カビが好むのは高温多湿。気温は25度以上、湿度は80%以上と言われています。つまり、梅雨や夏場がカビの楽園といえるでしょう。冬場でも暖房で温められ、加湿しすぎた部屋はカビにとっては好都合な部屋となります。

常に空気中にあるカビの元ですが、それが繁殖に最適な条件になると一気に繁殖し、部屋を汚したり腐食させてしまいます。

■カビが発生しやすい場所
... ○お風呂場
カビの発生条件である湿気と室温だけでなく、カビの栄養となる石鹸カスや汚れがあるので、カビの一番好きな場所といえます。ただ、お風呂場のカビは目に付きやすく、一番退治しやすいともいえます。

○寝室
寝室は光が当たらない間取りが多く、湿度も高くなりがち。マットレスの裏側やタンスの裏、壁などはカビが発生しやすい場所です。また、閉めっぱなしにしたカーテンの裾なども気をつけてください。

○リビング
人の多いリビングも、家具やソファーの裏側などはカビが生えやすい場所です。リビングは冬場でも暖かくしているので、窓周りは結露などで濡れやすく、寒い季節でもカビが発生しやすい場所です。

■こまめにしたいカビ対策
... ○換気&空気の循環
カビは空気中に浮遊しているので、こまめに換気することでカビを発生しにくくさせます。また空気清浄機やサーキュレーター、シーリングファンなどで部屋の空気を常に動かすことも大切です。

○除湿&乾燥
梅雨や夏場は除湿器を使って湿度を下げることが効果的です。冬場は加湿器を使う人が多いですが、湿度が60%以上にならないように気を付けましょう。加湿しすぎることで結露ができて壁や窓際にカビが生えやすくなってしまうこともあります。

クローゼットなどには湿気取りを置いて湿度を下げるのも大切です。

また、マットレスは床に直接敷かず、すのこなどで上げて湿気を逃がすようにするといいでしょう。布団が干せない梅雨や冬の時期には布団乾燥機などを使って、寝具を湿らせたままにしないことも大事です。

■注意点
... 防カビ加工の建材や、防カビグッズには、体に合わずアレルギーを起こす場合がありますので、カビを防ぐために使う場合は気をつけましょう。

■まとめ
... カビを防ぐポイントは「換気」「空気の循環」「湿度コントロール」です。
この3つは住まいを快適な湿度に保ち、空気を清潔に保つことになるので、つまりは家族の健康にもつながります。家族の健康のために、湿度コントロールと清潔な空気の循環をこころがけましょう。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム