家を少しでも広く見せる方法とは?

せっかく家を建てるならできるだけ広い家でゆったり過ごしたい。そんな風に思う方は多いのではないでしょうか?しかし、広い家に住むためには広い土地が必要で、費用も上がってしまいます。

土地を広くすることは難しいけど、少しでも広い家に住みたい・・・
今回はそんな方へ、同じ面積でも広く感じるコツとポイントをご紹介させて頂きます。

家を少しでも広く見せる方法とは?

■広く見せるポイント
...
○白を基調にする
白や淡い色は光を反射させ、明るく見せる色。さらに膨張色で大きく見せるので、部屋を広く感じることができます。床の色がダークブラウンよりも、明るいナチュラルブラウンの方が明るく広く見えますし、壁の色も白だと光が反射して広く感じます。

ソファーや家具の色も黒やダークブラウンでそろえるより、白やベージュを基調にすることで、広く感じることができます。ただ全体的に真っ白だとメリハリが付かないので、ポイントで小さめの家具やクッション、ラグなどで差し色を入れるとおしゃれで部屋を広く見せることが出来ます。

■家具を小さくする
... 家具を決めるとき、大きさはどうやって決めますか?
間口から入ればいい、ソファーは大きい方がいい、テーブルも大きい方が使いやすい・・・など人それぞれですが、家具が大きいと部屋が狭く感じてしまうことも。

大きい家具を置くことで、見える床の面積が狭くなりますが、この床の面積が広さを体感するポイントなのです。例えば、引越しのとき、家具を全部出した後の部屋を見ると「こんなに広い部屋だったっけ?」と感じることがありますよね。つまり、見えている床の広さ=部屋の広さ、と感じるのです。

床の他にも、壁も大事。部屋を背の高い家具で囲ってしまうと狭く窮屈な感覚になります。特に部屋に入ってすぐに目に入る壁は、部屋の第一印象に。入ってすぐ目に入る壁に天井まである高い家具を置くと狭い印象になってしまいます。本棚などの背の高い家具は出入り口の両側どちらかに置くと、すぐに目に入らないのでおすすめです。

北欧系や海外デザインの家具は人気ですが、サイズは海外の家の大きさに合わせていることもあって大きめのものが多いようです。サイズはよく考えて、部屋の床や壁を隠しすぎない大きさのものを選びましょう。

■天井の高さ
... 土地の面積は広くできませんが、天井の高さは変えることができます。天井が高いと壁が縦に広がり、視界も広くなるので、部屋がとても広く感じることができます。

例えば、リビングを2階にして屋根裏をなくし、天窓を付ける。そうすれば自然光が入り込む広いリビングになります。1階にはお風呂や洗面、寝室などのプライベートゾーンにするといいですね。
リビングを1階に持ってくる場合は、吹き抜けをつくって縦に空間を広げるというのも手です。

■まとめ
... 広々とした家はみんなの憧れです。建築段階から押さえるべきポイントもありますが、家を建ててからでも家具の大きさや色で工夫することもできるので、ぜひトライしてみてください。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム