雨漏りには要注意!原因や対処法を知ろう!

雨漏りは住まいの大敵です。雨がしみこむと天井や内壁にシミができることで見た目にも悪いだけではなく、水によって家の骨組みが傷み、住まいの強度が落ちてしまうことにもなります。住まいの強度が落ちると万一のときに心配ですよね。
雨漏りは古い家だけに起こるものではありません。今から対策を知っておきましょう。

雨漏りには要注意!原因や対処法を知ろう!

■雨漏りする場所
...
○屋根
一番雨漏りする箇所といえば、やはり屋根。
屋根から水が漏れることで屋根裏や天井、雨水がつたって壁の内側などが被害に及ぶこともあります。

○壁
意外に雨漏りが多いのが外壁です。
外壁は雨風にさらされているので、外壁に何かトラブルがあると雨水が侵入してしまいます。外壁の内部が水に侵食されると壁がカビたり腐ったりしてしまいます。

○ベランダ
ベランダは人が立って歩くところなので、使っているうちに少しずつ劣化してヒビが入り、そこから雨漏りが起こることがあります。

■雨漏りする原因
... ○経年劣化によるもの
一番多い雨漏りの原因は経年劣化です。屋根の場合は屋根材の剥がれ落ちや割れ、棟板金が浮いてきたり、漆喰が剥がれたりすることにより、そこから雨水が侵入して雨漏りになります。

特に傷みが出やすいのは、屋根が違う方向に重なって谷間のようになっている「谷樋」部分と、「天窓」の周囲。きちんと施工していても、日光や雨風にさらされ続ける屋根は劣化していきます。定期的なメンテナンスや点検が必要ですね。

○自然災害によるもの
台風などの激しい風や雨、地震などにより、屋根や外壁が損傷することもあります。暴風雨によって屋根材がズレたり、割れたりすることもありますし、大きな地震によって外壁にヒビが入ったりすることも。屋根や外壁の耐久年数を超えていなくても、そういった災害によって早く劣化してしまうこともあるのです。

内部に被害が出る前に、暴風雨や地震のあとにはチェックすることが大事です。

○施工不良によるもの
ちゃんとした施工会社の場合はめったにないことですが、まだ建てて数年しか経っていない、大きな災害もない、それでも雨漏りするというのは施工不良が原因と考えられます。屋根や外壁材のコーキング部分などがきちんと仕上げられていない場合、早めに劣化してしまうこともあります。

■雨漏りの修理方法
... 雨漏りについては素人ではなかなか判断しにくいところがあるので、まずは家を建てた施工業者に相談するのが一番です。特に屋根の雨漏りについては修理はもちろん、点検であっても大変危険なので、専門業者におまかせしましょう。

雨に多い季節などは、まず応急処置として、ブルーシートや防水シートなどで屋根を覆い、内部の被害が広がらないようにしてから修理することが多いです。雨漏り箇所を特定し、原因がわかったら、屋根材や外壁材を交換したり、コーキングをやり直したりして修理します。

■まとめ
... 雨漏りは日が経つにつれ、内部の被害が大きくなってしまいます。カビが生えたり木材が腐食したりすると、どんどん修理箇所が大きくなり、修理費用も大きくなってしまうことも。ウッドプランではリフォームもお受けしております。雨漏りしているかも?と思ったら出来るだけ早めにご相談くださいませ。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム