部屋の乾燥を防ぐには?

空気が乾燥しすぎると肌や喉への影響だけではなく、インフルエンザなどの風邪のウイルスが活発になることもあり、健康にもよくありません。

空気が乾燥し、肌はカサカサ、喉はイガイガになってしまう・・・とお悩みの方へ、
今回は部屋を快適に保つ、乾燥を防ぐ方法をまとめました。

部屋の乾燥を防ぐには?

■快適湿度の目安
...
そもそも、一般的に快適な湿度とはどれくらいかご存知でしょうか?
湿度は40%~60%が目安だと言われ、夏場は湿度が60%を超えると汗が蒸発しにくくなり、体が蒸し暑いと感じるようになります。50%を下回ると、同じ室温でも汗が蒸発するので涼しく、カラッと快適に。

冬場は40%以下になると、肌が乾燥したり、喉も違和感を感じることがあり、インフルエンザなどのウイルスの活動が活発となって、風邪が広まりやすくなります。

快適湿度の目安は、夏場は湿度が50~60%、冬場は45~55%です。この湿度を維持することができれば快適に過ごすことが出来ます。

■冬場に部屋が乾燥する原因
... 夏場は空気がじめじめしているのに、どうして冬は部屋が乾燥するのでしょうか。その理由は気温にあります。

冬型の気圧配置になると、日本の上空には冷たい空気に包まれます。気温は高い方がたくさん水分を含み、気温が低くなると含む水分量は減ってしまうので、冷たい空気は暖かい空気よりも湿度が低くなります。

また、冷たい空気は水分を凍らせて雪を降らせます。雪になってしまうことで、ますます空気中の水分は減って乾燥してしまうのです。

そんな乾燥した冷たい空気の風が吹くので、冬場は家の外も中も乾燥しています。

■乾燥対策
... ○加湿器
乾燥対策といえば加湿器。
加湿器には主に4つのタイプの加湿器があります。熱で水を蒸気に変えて排出するスチーム式、水を含んだフィルターに風を当てることで効率よく蒸発させ、加湿する気化式、両者の性質を合わせ持ったハイブリット式、超音波で気化させる超音波式です。

それぞれ加湿能力、消費電力、稼動音などに差があるので、使う場所によって最適なものを選んでください。

○洗濯物を干す
洗濯物を干すことで部屋の空気が加湿されます。このとき、扇風機の風を当てると効果的。
リビングが洗濯物だらけになって見苦しいと思う方は、タオル類だけリビングに干しても○です。

○観葉植物を置く
葉の面積が多い観葉植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸発させるので天然の加湿器になります。
乾燥を好み、水をやりすぎると根腐りする植物もあるので、観葉植物で湿度の調整をする場合は種類を選ぶ必要があります。寒さに強く、多湿にも強いものを選びましょう。

■まとめ
... 冬場の部屋の乾燥は健康にも美容にもよくありません。しかし、空気中に湿度が高くなりすぎると結露やカビを引き起こすこともあります。
部屋の湿度は湿度計で常に気にかけながら、加湿しすぎず乾燥しない快適な湿度を保っていきたいですね。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム