家の方角と日当たりの関係性についてご紹介!

家の方角といえば「南向きが一番!」だと思っていませんか?実は、立地条件やライフスタイルによっては南向きが一番だとは限らないのです。そこで、方角と日当たりの関係についてまとめました。

家の方角と日当たりの関係性についてご紹介!

■南側の特徴
...
南の方角は、一番日が当たる時間が長い方角です。
ですが、南側に大きな建物があり影になってしまう場合もあるので、周囲の建物や面している道路の幅を考えなければなりません。南側に背の高い建物がなく、南側に面している道路が広い場合は、南側の日当たりが非常にいい土地だと考えられます。

日がよく当たるので、家庭菜園やガーデニングをしたい人は南側に庭をつくるといいでしょう。洗濯物や布団を干すのに最適なので、バルコニーなども南側がおすすめです。

冬場はとても暖かくて暖房費は抑えられますが、夏場は暑すぎることもあります。断熱性の高い窓ガラスにしたり、日よけのアウターシェードやよしずなどを利用して、夏の暑さ対策をしっかりしましょう。UVカットのレースカーテンなどで、床や家具の日焼けも守りたいですね。

■東側の特徴
... 東側は朝日が昇る方角なので、早朝から午前中が明るい方角になります。
朝リビングに家族が集うことが多いライフスタイルなら、東向きのリビングもおすすめです。例えば共働きで昼間は家に誰もおらず、朝の時間を大切にしたい家は、東向きリビングで朝日を有効に使うのもいいですね。

午後は日が当たらなくなるので、夏は過ごしやすいですが、冬場は早く冷えるようになることも考えられます。冷気を防ぐ窓ガラスや厚手のカーテンなどをリビングに設置するといいですよ。

■西側の特徴
... 西側は日が沈む方角なので、お昼すぎから夕方まで日が入るのが特徴です。西日は日本ではあまり喜ばれませんが、海外では夕陽が見られるので人気の方角です。

西側に大きな建物がなく空が開けている立地であれば、西側にバルコニーを設置して、夕陽を楽しむテラスにするのも素敵です。天気のいい休日には、夕焼け時間にバルコニーで早めの晩酌をしたり、家族で夕陽を見ながらくつろぐのもいいですね。

夏場は暑さが夜まで長引きますが、冬は午後に日が差すので暖かさが続きます。日が入りすぎてまぶしいときは、シェードなどを利用して上手に西日を活用しましょう。

■北側の特徴
... 北側は他の方角と比べて、日光が直接入り込まず、間接的にやわらかな光が差し込む方角になります。
時間によって温度や明るさに差があまりないので、仕事部屋や寝室には向いている方角です。特に仕事の時間帯が不規則な方は、北側の寝室はいつも優しい光が入るので、まぶしすぎず、暑すぎず、快適に休むことができます。

■まとめ
... 方角によってそれぞれ楽しみ方、使い方は違います。一概に「南側にリビング」がいいとは限らないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。周囲の建物や立地に合わせて、最適な間取りを考えましょう。



一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム