ローコスト住宅の相場は?

ローコスト住宅は低価格で建てられる注文住宅と聞きますが、相場はいくらぐらいのものなのでしょうか?坪単価が安ければ、それで良いのでしょうか?

いいえ、それはあまりに危険です。
ここでは、坪単価だけで一喜一憂してはいけない、ローコスト住宅の相場と価格の注意点を解説したいと思います。

ローコスト住宅の相場は?

■ローコスト住宅の相場
...ローコスト住宅とは無駄なものを省いて、価格を低く抑える工夫をした注文住宅です。
資材や設備の一括購入による仕入コストの削減、規格化住宅にすることで従来の注文住宅より手間や人件費を抑える、モデルルームを作らなかったり、過度な広告をせず宣伝広告費を削減するなどが安く提供できる理由です。

一般的にいわれているローコスト住宅の相場は、広さが35坪程度で1000万円台、坪単価でいうと20万円台~40万円台前半です。

ちなみに注文住宅を大手ハウスメーカーに依頼した場合、工事費の相場は坪単価50〜60万円といわれます。

■ローコスト住宅の価格の注意点
...坪単価とは1坪あたりの建築費用を示すものですが、各企業独自の仕様があり、計算基準は同一ではありません。
設備や建材のグレード、仕様、家の形状によっても変わってくるものです。

ローコスト住宅は坪単価20万円台~40万円台前半、大手ハウスメーカーの注文住宅は坪単価50〜60万円と聞いたときに、単純にその価格だけに気をとられてはいけません。
この価格の差が何によって生じたかが重要です。
特にローコスト住宅の場合は、標準仕様がどのような内容かを確認することが大切です。
足りないものはオプションで追加することになりますが、追加分が多すぎるとローコスト住宅であるメリットがなくなってしまいます。

例としてあるローコスト住宅メーカーのオプション工事価格例をみてみましょう。
(わかりやすくするため、端数を切り捨てた概算で記載します)

以下のようなオプションを追加します。

・部屋の一角を規格から張り出す
・2階にトイレと洗面台を追加する
・納戸を追加する
・システムキッチンのグレードをUPする



5箇所のオプション追加+予備費用で100万円を超えてしまいました。
もちろん選択した各設備のグレードによっても金額が変わってくるのですが、オプションでこのように簡単に金額が積み上がっていくことは、認識しておくべきでしょう。

■まとめ
...ローコスト住宅の価格を相場と比較して「安い、高い、得だ、損だ」と判断するのは非常に危険です。
資料を見て、話を聞き、実際に施工した家を見学させてらって、安くても良いものなのか、安いなら安いだけの価値しかないものなのか、しっかり見極めることがとても大切です。


...

一覧に戻る

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム